一人は欲しいのが「メル友」

家族や恋人、友達など、実際に知っている人には、どうしても話しづらいことや、相談できないことって、実はけっこうありますよね。
そこで、一人は欲しいのが「メル友」という存在です。

メル友は顔を合わせないぶん何でも話せたりしますし、他人なので近場の誰かにどこかから話がもれてしまうということもありません。
ですので、色々と相談できる良い存在で、多くの人が欲しがっているわけですが、「メル友とはいつまで付き合わなければならないのか」と疑問に思っている人も多くいるようです。

メル友は、基本メールでのやりとりなので、メールが途絶えたら、そこがメル友との縁の切れ目といえるでしょう。
この気軽な関係というのも、メル友の魅力の一つですよね。

ただし、メル友でも一度でも実際に会ってしまったら、メールの切れ目が縁の切れ目ということにはならないでしょう。
なぜかと言うと、それはもうメル友ではなく、普通の友達になっているからです。

しかし、そこで気が合わない、好きになれない、と思ったならそれ以上会う必要はないですし、メル友としてやっていく必要もありません。
気が合う、といった場合のみ交流を続けていけば良いのです。

メル友にルールはありません。
難しく考えないで、自分の気持ちと相手の気持ちを尊重して付き合いを決めていきましょう。

しかし、顔が見えない、一度しか会ったことがない、といっても人間同士の関係ですから、誠意を持って行動してください。
あまりにも非常識な態度は考え物ですよ。