メールだと意外とあっさり気持ちを伝えられます

面と向かって話すときはかたくなってしまったり、話題が見つからなくて黙り込んでしまったりという事がよくありますが、メールだと意外とあっさり気持ちを伝えられます。
活字を用いますから、かたくなったりする事も無く、普通は口にできないような事も文章にするのは可能です。

メールのいいところは、わざわざ電話をかけるほどの事でも無い、相手が今電話に出られる状況ではないから、といったように相手が気遣いをしなくてもかまわない時にできるところです。
具体的に言うと、デートの約束に遅刻しそうな時、相手が電話に出られない状況だと知っているのであれば、メールで伝えれば用件は済みます。

また、相手に感謝の意を伝えたいとき、大げさに電話で言ったり手紙を書くのではなく、メールで「ありがとう」というだけでも、十分に感謝の気持ちが伝えられるという事もあるのです。
自分が相手の事を気遣うというよりは、相手に気遣いをさせないというのがメールの良い所、メル友の良い所という事になると思います。

とりあえず、お互いのメアドが分かっていれば、メル友なのであれば、このような気遣いの必要の無い交際が可能なのですから、大いに活用してみましょう。

でも、中には、こんな大事な事をメールで済ますの?と考える人もいるでしょう。
ここがメールへの感覚の差なのでしょうが、日常的にメールで会話をしている人であれば、殆どの人は、メル友の良い所を分かっていると思います。
ですので、“メル友”であったとしても、相手との親密度や時と場合を考慮してメールのやりとりを行いましょう。