ひどいメル友の例

あるサイトに登録すると、正式なお知らせメールに混じって全く知らない情報サイトからのメールが送られてくることがあります。
自分が登録したサイト運営側が、アドレス情報を他のサイトに勝手に紹介したり、関連リンクサイトなどにアドレス情報が流出してしまう、ということがよくあるのです。

さらに、メル友が勝手に自分のアドレスでサイトに登録してしまう、というトラブルも起こることがあります。
これはちょっとひどいメル友の例ですが、お友達紹介でポイントがもらえたり特典があるという場合、自分のアドレスを勝手に紹介されてしまうといったこともありますので、気をつけてください。

出会い系サイトやネット掲示板などへの登録により、変なメールや訳の分からないメールが一気に増えることがあります。
こうした煩わしく嫌になるメールは、いちいち開封して確認しないよう「迷惑メール」としてゴミ箱に捨てるようにしましょう。

メール配信の停止やアドレスの変更などは必要ないと思われます。
ただメル友によるアドレス情報の流用はどうしようもなく、本当に嫌な気持ちがしますね。

一度アドレスを無断で使用したメル友とは、また何か問題に巻き込まれる恐れもあります。
メル友はたくさんほしいという気持ちは分かりますが、無闇にメル友を増やすと、こうしたメールに関する問題が増える危険もあります。
少なくても信頼のできる良いメル友と親しく長く付き合う、ということも良いことだと思いますよ。